2016年01月22日

マタニティヨーガ教室2月

結の会・マタニティヨーガ教室2月の日程のご案内です。

急に寒くなり、風邪、インフルエンザが流行ってきました。
下痢嘔吐の風邪も幼稚園では流行っているとのことで、園児のお母さんの妊婦さんもヒヤヒヤです。

うがい手洗いはもちろんですが、妊婦さんは抵抗力が落ちているので、体を温めて体温を高くしておきましょう。深い呼吸・運動はとってもいいですね。ぜひヨーガも続けてみてください。

【対象】
妊娠15週以降の妊娠経過が順調な方。    
スペースの都合でパートナー・上のお子さん同伴の参加は出来ません。

【日時】
2月4日(木)10:30〜12:00(終了12:30頃)
2月10日(水)10:30〜12:00(終了12:30頃)

*ヨーガの後、語り合いがあり終了は12:30頃になります。
*続けて参加される方を優先して席を確保しています。

【定員】
8名

【服装】
動きやすい服装・長ズボン 5本指ソックス又は素足 

【持ち物】
フェイスタオル1枚 母子健康手帳

【料金】
2,500円  

【申し込み】
メールフォーム
電話  080-1180-3430(飯島)

【場所】
そら助産院 千葉市若葉区西都賀3-17-11-2階
JR・モノレール都賀駅西口から徒歩2分
駐車場はありません。駅近くの有料駐車場をご利用ください。
posted by たかなし at 15:09| 結の会:マタニティ・ヨーガ

2016年01月07日

2月の産前産後ケア教室

今日は結の会・マタニティヨーガ教室でした。
お腹が大きくなると体が辛い・・・よく聞くセリフ、今日も聞きました。
体の辛さをお腹のせいにしてはいけません!
体のケアをして、体の使い方が良い状態になると、10か月の大きなお腹でも階段スタスタ登れます。
これは今までに産前産後ケア教室や、助産院での個別ケアで、自分でケアをすることを覚えて、自分で体の心地よい使い方を体得した妊婦さん達が経験していることです。
「10か月になっても、体がドンドン楽になる」そんなセリフを口にする妊婦さんが沢山増えてほしいなあと思っています。

産前産後ケア教室では妊婦さんや産後の方の骨盤ケアを中心に、自分で簡単な体操をしたり体の使い方をよい状態にするための教室です。一番の目的は骨盤底筋をしっかり使えるようになることです。
骨盤周囲のトラブルの腰痛・恥骨痛・尿漏れ・痔(脱肛)・足の付け根の痛み、姿勢の悪さ、冷え等、マイナートラブルの改善や予防ができます。

妊娠中の腰痛や恥骨痛を我慢したままではありませんか?
妊娠中だから仕方がないわけありません。本来、体調が良ければ痛むことなく、妊娠中も快調です。
ベルトで締めなくても簡単なセルフケア+体の使い方がわかるだけですぐに改善できます。
痛みを抱えたままではなく、体調万全でお産を迎えましょう。

【内容】
体の変化を感じ取りながら心地よく体を動かしていき、骨盤周囲の柔軟性を高めたり、骨盤底筋が効果的に使える感覚をつかみます。
体の基本的なことは妊娠中も産後も同じです。教室ではみんなが共通して行えるものを実習し、自分で体の変化をチェックしていきます。
・骨盤底筋の状態、骨盤の動き・締り具体、動きやすさ、血行などの変化
・妊婦さんはおなかの温かさ・柔らかさ・形の変化
・腰痛などの不快症状の変化 など

・産後の方はお子さんを抱っこしながら体操できます。
・産後間もない時期から役立つので、産後の骨盤のためにも妊娠中に習得しておきましょう。

【日時】
2月2日(火)10:30〜12:00

【参加対象】
妊婦さん:つわりが落ち着き、妊娠経過が順調な方

産後の方:産後2か月位〜1年位までの方で
今までにそら助産院を利用したことがある方 又は
結の会「マタニティ・ヨーガ教室」に2回以上参加した方 又は
妊娠中に産前産後ケア教室に2回以上参加いただいた方

【定員】
4名(各2名の予定で人数調整させていただくこともあります。)

【参加費】
妊婦さん2,500円 
産後の方1,500円

【注意事項】
*会場の都合でパートナー・上の子同伴での参加はできません
*保育はありませんので、事故のないよう目を離さないでください。
*お子さんがぐずってしまったり、授乳の時間の場合はお子さんを優先してください。
*汚れたおむつ等はお持ち帰りください
*自分の体の状況をもっと知って、より自分に合ったケアをしたい方、より丁寧に指導を受けたい方、みんなでシェアできないご相談・不調のある方は個別ケアの方が合っています。

■お申込み 
産前産後ケア教室のお申込みフォーム
又は 電話 043-206-5002
ほとんど電話に出ることが出来ないので、できるだけメールフォームからお申し込みください。

■服装・化粧
簡単な体操をしますので、下はズボンやスパッツなどの動きやすい服装(更衣できます)
靴下(できれば5本指ソックス)
体の状態によっては目のケアを行うことがあるのでアイライン・マスカラはない方がお勧めです
(パンダさんになる可能性があります)
必要な方は、お化粧直しができるようにご準備ください。

■持ち物
フェイスタオル1枚  
母子健康手帳
posted by たかなし at 22:14| 産前産後ケア教室